山陽新聞デジタル|さんデジ

女性が舞う石見神楽、初公演 島根・浜田の同好会

 島根県浜田市で開かれた、伝統芸能「石見神楽」を女性のみで演じる同好会「舞姫社中」の初公演=22日午後
 島根県浜田市で開かれた、伝統芸能「石見神楽」を女性のみで演じる同好会「舞姫社中」の初公演=22日午後
 日本遺産に登録された島根県西部の伝統芸能「石見神楽」を、女性のみで演じる同好会「舞姫社中」の初公演が22日、同県浜田市で開かれた。会は男性中心だった石見神楽に新しい風を吹かせようと昨年4月に発足した。メンバーら約20人が1年近く練習した集大成として人気演目の「恵比須」と「大蛇」の2本を披露した。

 この日は市民ら約450人(主催者発表)が演技を見守った。恵比須では神様役が太鼓や笛の音に合わせて軽やかに舞い、会場を盛り上げた。大蛇では赤や青、オレンジなど色とりどりの衣装をまとった蛇役が観客席に飛びかかってきそうな迫力のある演技を見せた。

(2022年05月22日 18時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ