山陽新聞デジタル|さんデジ

ゴルフ、今平周吾が2週連続優勝 パートナー・プロアマ最終日

 プレーオフを制して優勝し、カップを手に笑顔の今平周吾=取手国際GC
 プレーオフを制して優勝し、カップを手に笑顔の今平周吾=取手国際GC
 ゴルフパートナー・プロアマ最終日(22日・茨城県取手国際GC=6804ヤード、パー70)今平周吾がプレーオフを制して2週連続優勝を果たし、今季2勝目、通算7勝目を挙げた。6バーディー、1ボギーの65とスコアを伸ばして通算22アンダー、258で大槻智春、近藤智弘と並び、プレーオフ2ホール目で決着させた。

 1打差の4位が比嘉一貴とブラッド・ケネディ(オーストラリア)。大西魁斗が6位、池田勇太は7位だった。(出場61選手、晴れ、気温20・7度、北北西の風3・0メートル、観衆1144人)

(2022年05月22日 17時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ