山陽新聞デジタル|さんデジ

若手音楽家にチャンス提供 ウィーン、コロナで演奏機会減少

 コンサート後に写真撮影に応じる(前列右から)中山茉莉さん、大野有佳里さん、根岸ひめのさん、中嶋彰子さん。後列左端は石井琢磨さん=20日、ウィーン(共同)
 コンサート後に写真撮影に応じる(前列右から)中山茉莉さん、大野有佳里さん、根岸ひめのさん、中嶋彰子さん。後列左端は石井琢磨さん=20日、ウィーン(共同)
 【ウィーン共同】オーストリアの首都ウィーンで20日、若手の日本人音楽家らが参加したコンサートが開かれた。音楽監督を務めたオペラ歌手中嶋彰子さんは「コロナ感染拡大で、観客の前での演奏機会が減った。若手音楽家にチャンスを与えたい」と話した。

 バイオリンの大野有佳里さん(27)とピアノの根岸ひめのさん(24)はデュオやトリオで演奏。大野さんは情感ある力強いバイオリンを披露、根岸さんは表現力豊かな美しい音色で魅了した。

 メゾソプラノの中山茉莉さん(29)は伸びやかで澄んだ声を響かせ、ピアノの石井琢磨さん(32)は丁寧な演奏で高い技術を見せ、会場は拍手に包まれた。

(2022年05月21日 10時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ