山陽新聞デジタル|さんデジ

新宇宙基地に日本人飛行士 日米首脳、月探査の協力強調

 米国のアルテミス計画で、月面に着陸した宇宙飛行士のイメージ図(NASA提供)
 米国のアルテミス計画で、月面に着陸した宇宙飛行士のイメージ図(NASA提供)
 米国主導の国際月探査「アルテミス計画」に用いる新宇宙基地ゲートウエーに日本人宇宙飛行士を搭乗させることを再確認すると、共同声明に盛り込む方向で日米両政府が検討していることが19日、関係者への取材で分かった。探査の協力関係を改めて強調する内容。23日の日米首脳会談後、日本人飛行士による将来の月面着陸などを「共通の野心」とうたう文書とともに公表される予定。

 共同声明では、宇宙開発で長年の協力関係にある日米両国がアルテミス計画への日本人飛行士の参加や有人、無人での月探査で協調することを示す見通し。

(2022年05月19日 21時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ