山陽新聞デジタル|さんデジ

園子温監督が出版社を提訴 性加害記事「事実と異なる点」

 東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京・霞が関
 東京地裁が入る裁判所合同庁舎=東京・霞が関
 複数の女性に性行為を強要したとする記事を「週刊女性」に報道された映画監督の園子温さん(60)が19日、記事には事実と異なる点があるとして、発行元の主婦と生活社(東京)に損害賠償などを求め、東京地裁に提訴したと明らかにした。同日事務所の公式サイトにコメントを掲載した。

 提訴は18日付。謝罪広告とインターネット上の記事の削除を求めており、「裁判の中で、記事の内容が事実でないことを明らかにしてまいりたい」としている。

 主婦と生活社は「事実について確認中なので、コメントを控えさせていただきます」としている。

(2022年05月19日 20時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ