山陽新聞デジタル|さんデジ

NY株急落、1164ドル安 終値1年11カ月ぶり下落幅

 ニューヨーク証券取引所=18日(AP=共同)
 ニューヨーク証券取引所=18日(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前日比1164・52ドル安の3万1490・07ドルで取引を終えた。終値としては2020年6月以来、約1年11カ月ぶりの下落幅で、昨年3月以来、約1年2カ月ぶりの安値。高インフレに伴う米景気悪化への懸念が高まり、投資家がリスク回避姿勢を強めて売り注文が膨らんだ。

 下落幅は一時1260ドルを超えた。大幅な物価上昇が続いているのを背景に、発表された米小売業の決算で燃料費や人件費の高騰による減益が相次いだ。コスト増による企業業績の悪化懸念が強まり、全面安となった。

(2022年05月19日 05時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ