山陽新聞デジタル|さんデジ

4回目接種、事前申請などに注意 自治体ごとに方法異なる

 新型コロナウイルスワクチン接種会場にある、受け付け前の待機場所=4月、東京都足立区役所
 新型コロナウイルスワクチン接種会場にある、受け付け前の待機場所=4月、東京都足立区役所
 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が今月末に始まる。対象は60歳以上と、18~59歳で持病などにより重症化リスクが高い人。60歳以上には接種券が届くが、18~59歳は必要な手続きが自治体ごとに異なる。券の入手に事前申請が必要な場合もあり、注意が必要だ。

 自治体が個人の持病を把握するのが難しく複雑化した。

 18~59歳に対する手続きの主なパターンは、対象の希望者に事前に申請してもらい接種券を送る、障害者手帳の交付状況などのデータを基に券を送る、対象外を含む18歳以上全員に券を送る、の三つ。会場に来てもらい、確認して券を発行する例も厚労省は想定する。

(2022年05月19日 05時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ