山陽新聞デジタル|さんデジ

横綱照ノ富士、連敗せず6勝目 平幕4人が2敗で首位

 照ノ富士(上)がきめ出しで翔猿を下す=両国国技館
 照ノ富士(上)がきめ出しで翔猿を下す=両国国技館
 隆の勝(右)が寄り切りで御嶽海を破る=両国国技館
 隆の勝(右)が寄り切りで御嶽海を破る=両国国技館
 大相撲夏場所9日目(16日・両国国技館)横綱照ノ富士は翔猿を豪快にきめ出して連敗せず、6勝目。大関御嶽海を寄り切った隆の勝や碧山、佐田の海、一山本の平幕4人が2敗で首位を守った。

 御嶽海は5敗目で黒星先行。他の大関は正代が関脇阿炎を押し出して3勝目を挙げ、貴景勝は先場所初優勝の関脇若隆景にはたき込まれて5勝4敗となった。若隆景は4勝目。

 3敗で照ノ富士、小結豊昇龍ら5人が追う混戦。十両は徳勝龍と熱海富士が2敗で首位。

(2022年05月16日 19時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ