山陽新聞デジタル|さんデジ

照ノ富士3敗、隆の勝は初金星 平幕5人が首位の混戦に

 隆の勝(左)が寄り切りで照ノ富士を破る=両国国技館
 隆の勝(左)が寄り切りで照ノ富士を破る=両国国技館
 大相撲夏場所8日目(15日・両国国技館)横綱照ノ富士は平幕隆の勝に一方的に寄り切られ、3敗目を喫した。隆の勝は初金星で6勝目。

 大関陣は貴景勝が小結大栄翔をはたき込んで5勝目。御嶽海は遠藤をはたき込み、星を五分に戻した。正代は小結豊昇龍を寄り倒して2勝目。

 先場所初優勝の関脇若隆景は琴ノ若に下手投げで屈して5敗目。関脇阿炎は高安を押し出して5勝3敗とした。1敗が消え、玉鷲、隆の勝、碧山、佐田の海、一山本の平幕5人が2敗で首位に並ぶ混戦。十両は剣翔、竜電ら5人が2敗でトップ。

(2022年05月15日 18時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ