山陽新聞デジタル|さんデジ

千葉県沖で貨物船傾く、荷崩れか 乗組員5人救助

 千葉県の野島崎沖で船体が傾いた貨物船「めいせん2」=14日午前(横須賀海上保安部提供)
 千葉県の野島崎沖で船体が傾いた貨物船「めいせん2」=14日午前(横須賀海上保安部提供)
 14日午前3時半ごろ、千葉県南房総市の野島崎沖約13・5キロの海上で、香川県船籍の貨物船「めいせん2」(499トン)から「コンテナが荷崩れして船体が傾いている」と118番があった。横須賀海上保安部によると、貨物船は午前8時時点で約45度に傾斜。日本人乗組員5人はいずれも救助された。2人はけがをしているが、命に別条はない。詳しい状況を確認している。

 貨物船はコンテナを積み、常陸那珂港(茨城県)から大分に向かっていた。海保が午前8時ごろから、ライフボートなどで救助活動をし、約2時間後に助け出した。千葉県館山市の館山港に搬送する。

(2022年05月14日 12時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ