山陽新聞デジタル|さんデジ

備前市議選告示 19人が立候補 15日投票 にぎわい創出など争点

備前市役所
備前市役所
 任期満了に伴う備前市議選(定数16)は8日告示され、19人が立候補を届け出た。内訳は現職12人、元職1人、新人6人。各候補者は15日の投票に向け、まちのにぎわい創出や人口減少対策を争点に舌戦をスタートさせた。

 2005年に旧備前市、日生町、吉永町が合併して新市となって以降5度目の市議選となる。立候補者は党派別では公明、共産各2人、無所属15人、地域別では旧備前市14人、旧日生町4人、旧吉永町1人。

 各候補者は選挙カーを走らせ、名前を連呼しながら政策や主張を訴えた。市の人口は約3万2千人で合併時から2割減。まちの活力低下が指摘されていることもあり、高齢者や子育て世代の生活支援、市内への移住定住の推進などを唱える姿が見られた。

 投票は15日午前7時から午後6時まで市内30カ所で行われ、同7時半から市民センター(同市西片上)で即日開票される。

 7日現在の有権者数は2万8394人(男1万3453人、女1万4941人)。

 立候補者は次の通り。氏名、投票日時点の年齢、所属政党、現元新の別、かっこ数字は当選回数、主な肩書・職業の順。(敬称略)

◇備前市議選立候補者(届け出順)

木村 正義 78 無新   レストラン経営
藪内  靖 61 無現(1)元衆院議員秘書
山本 恒道 80 無元(4)元東備消防署長
立川  茂 70 無現(2)元市議会議長
川崎 輝通 70 無現(5)総務産業委員長
森本 洋子 55 公現(2)党県女性局次長
山本  成 57 無現(2)自営業
草加 忠弘 44 無新   行政書士
内田 敏憲 68 無新   元商工会議所役員
丸山 昭則 55 無新   市消防団副団長
西上 徳一 59 無現(2)厚生文教副委員長
守井 秀龍 71 無現(4)市議会議長
青山 孝樹 67 無現(1)スポーツク理事長
中西 裕康 69 共現(4)厚生文教委員長
松本  仁 71 共新   理学療法士
尾川 直行 77 無現(5)元市議会議長
奥道 光人 63 公新   党県地域局次長
土器  豊 76 無現(4)伊部自治会副会長
石原 和人 55 無現(2)元会社員

(2022年05月08日 12時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ