山陽新聞デジタル|さんデジ

小学生ら能を体験、所作楽しむ 福山・喜多流大島能楽堂イベント

扇子を手に能の基本的な所作を学ぶ子どもたち
扇子を手に能の基本的な所作を学ぶ子どもたち
 能の普及に取り組む喜多流大島能楽堂(福山市光南町)は3日、子どもたちに体験してもらうイベント「お能で遊ぼう!」をふくやま芸術文化ホール・リーデンローズ(同市松浜町)で開いた。市内外の小学生ら14人が保護者と一緒に独特の所作やリズムを楽しんだ。

 能楽師の大島衣恵さん(47)ら3人が指導。初代福山藩主の水野勝成らが登場する新作能「福山」の一部を大島さんが装束などを着けない「仕舞」で実演した。

 鑑賞した子どもたちは、扇子を手にすり足で前に進む稽古に取り組んだ。途中でドンドンと足拍子を鳴らすなど、プロの技に近づこうと真剣な表情で繰り返していた。

 尾道市の小学6年の児童(11)は「すり足でバランスが取れずよろけてしまった。能に興味が持てた」と話した。

 講座は2007年から毎年行われ、20、21年は新型コロナウイルス禍で中止した。今年は「福山城400年博」の一環で開催された。

(2022年05月03日 16時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ