山陽新聞デジタル|さんデジ

陽光に棚田キラキラ、早苗そよぐ 美咲町大垪和西で田植えシーズン

田植えシーズンを迎えた棚田=岡山県美咲町大垪和西地区
田植えシーズンを迎えた棚田=岡山県美咲町大垪和西地区
 農林水産省の「つなぐ棚田遺産」(旧日本の棚田百選)に選ばれている岡山県美咲町大垪和(おおはが)西地区が田植えシーズンを迎えている。傾斜地に広がる数々の棚田が陽光にきらめき、山あいを渡る涼やかな風に早苗がそよいでいる。

 標高約400メートルの地区には、42ヘクタールの斜面に大小およそ750枚の棚田が連なる。計19枚(約2ヘクタール)を作付けする井口和恵さん(62)=同町=は1日、知人の大倉弘昌さん(81)=同=と協力して作業を開始。田植え機を操り、15センチ前後に育ったあきたこまちの苗を整然と植え付けていった。

 「平地に比べて作業効率は悪いが、地元が誇る棚田を守り、おいしい米を作り続けたい」と井口さん。地区の田植えは今月下旬まで続き、8月下旬から収穫が始まる見込み。

(2022年05月01日 20時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ