山陽新聞デジタル|さんデジ

色鮮やかなボタン大輪 境内に彩り 津山・清眼寺

色鮮やかなボタンの大輪
色鮮やかなボタンの大輪
 「ぼたん寺」として知られる津山市院庄の清眼寺で、ボタンが見頃を迎え、色鮮やかな大輪が境内を彩っている。

 約100種300株を栽培。例年より10日ほど早い15日頃から咲き始めたといい、赤色の花を付ける「島の華」や純白の「連鶴」、淡いピンクの「聖代」、黄色の「黄冠」など色とりどりの花が咲き誇っている。今月いっぱいは楽しめる見込みで、訪れた人は花に顔を近づけ、じっくりと眺めていた。

 新型コロナウイルス対策で、マスクを着用しての参拝を呼び掛けている。5月3日午前10時からは恒例の筆供養を行う。問い合わせは同寺(0868―28―1237)。

(2022年04月27日 10時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ