山陽新聞デジタル|さんデジ

照ノ富士、玉鷲らに8勝3敗 春場所途中休場、合同稽古

 稽古で相撲を取る照ノ富士(左)=両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)
 稽古で相撲を取る照ノ富士(左)=両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)
 大相撲夏場所(5月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古は24日、4日目の最終日を迎えて国技館内の相撲教習所で行われ、3月の春場所を左膝と右かかとの負傷のため途中休場した横綱照ノ富士が初めて参加し、平幕玉鷲や阿武咲らに8勝3敗だった。

 左上手を引いて相手をつかまえると力強く前に出る取り口で仕留めたが、2場所連続で敗れている玉鷲に喉輪で起こされて土俵を割る場面もあった。何度も曲げ伸ばしするなど左膝が気になる様子で、回復具合について「まあ大丈夫。自分のできること、ベストを尽くして場所に入ろうと思う」と淡々と話した。

(2022年04月24日 17時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ