山陽新聞デジタル|さんデジ

大相撲合同稽古、高安は好調 横綱、大関陣は不参加

 合同稽古で汗を流す高安=両国国技館の相撲教習所
 合同稽古で汗を流す高安=両国国技館の相撲教習所
 大相撲夏場所(5月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古が21日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まり、元大関の平幕高安、小結豊昇龍ら関取16人が参加した。新型コロナウイルスの感染者が続出した春場所前は実施されず、初場所前以来の開催。横綱、大関陣、春場所で初優勝を果たした関脇若隆景は不参加だった。

 先場所の優勝決定戦で若隆景に惜敗した高安は、10勝2敗と好調を維持している様子。悲願の初優勝へ向け「万全な形で相撲を取れるように、こつこつと頑張っていく。場所を盛り上げられるように精進したい」と決意を新たにした。

(2022年04月21日 15時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ