山陽新聞デジタル|さんデジ

ローカル線の行方 運行の新たな仕組み必要

 身近な鉄道路線が廃止されるかもしれない―。そんな危機感が沿線の自治体や住民に高まっている。

 JR西日本が、利用者の少ないローカル線(17路線30区間)の収支を初めて公表した。1日の平...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2022年04月17日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ