山陽新聞デジタル|さんデジ

美作三湯 美少女キャラでPR ご当地アイドルユニット結成

ご当地アイドルユニットを結成した(手前左から)湯郷美彩、奥津かがみ、湯原砂和のパネル
ご当地アイドルユニットを結成した(手前左から)湯郷美彩、奥津かがみ、湯原砂和のパネル
 湯郷(美作市)、奥津(岡山県鏡野町)、湯原(真庭市)の観光関係者でつくる「美作三湯温泉むすめプロジェクト」は、特別観光大使の美少女キャラクター「湯郷美彩(みさ)」「奥津かがみ」「湯原砂和(さわ)」によるご当地アイドルユニット「MiMASAKA(ミマサカ)スリースターズ」を結成し、三湯のPRに力を入れている。

 キャラクターはアニメーション制作などを手掛ける「エンバウンド」(東京)が2016年から国内外の温泉地で設定している「温泉むすめ」のシリーズ。美作の3人は20年11月に特別観光大使に任命され、各温泉地の情報を交流サイト(SNS)などを通じて発信している。

 ユニットは三湯が連携して温泉地へのさらなる集客につなげようと、観光大使任命1周年を記念して企画。各温泉地でのアンケートでユニット名を公募し、イラストレーターのえなみさちさんが新たなキャラクターデザインを担当した。

 3人の衣装は各温泉にちなんでイメージ。湯郷美彩は湯郷温泉街近くにあるアジサイロードのアジサイ柄、奥津かがみは鏡野町の国名勝・奥津渓のモミジや町特産のアルストロメリアをあしらっている。湯原砂和は湯原温泉の湯屋などを整備したとされる戦国武将宇喜多秀家の妻豪姫の着物柄に似せて華やかに仕上げた。今後はイベントなどに参加し、美作三湯をアピールする。

 ユニット結成に合わせて、3人のイラストやプロフィルを記した「名刺カード」各100枚も作製。各温泉地の観光施設や飲食店などで千円以上の買い物をすると各観光協会で入手できる。3人のカードをそろえると、ポスター(限定30枚)が当たるくじ付きのポストカードももらえる。

 プロジェクトメンバーの下山彩華さん(31)は「温泉を盛り上げるとともに地域、県全体のファン獲得にも頑張ってもらいたい」と期待している。

(2022年04月09日 16時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ