山陽新聞デジタル|さんデジ

モーグル、北京「銅」堀島は2位 W杯、総合も

 W杯モーグル第11戦で2位に入った堀島行真=メジェーブ(共同)
 W杯モーグル第11戦で2位に入った堀島行真=メジェーブ(共同)
 【メジェーブ(フランス)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は18日、フランスのメジェーブでモーグル第11戦が行われ、男子は北京冬季五輪銅メダルの堀島行真が86・23点で2位に入った。同五輪代表の杉本幸祐は9位。ミカエル・キングズベリー(カナダ)が86・27点で今季8勝目、通算73勝目。

 非五輪種目のデュアルモーグルを除いた今季の種目別では、堀島が2位、杉本は4位。キングズベリーが種目別を制し、通算10度目のモーグル総合優勝も決めた。

 女子で北京五輪代表の川村あんりは3位で、ペリーヌ・ラフォン(フランス)が今季4勝目、通算25勝目。

(2022年03月19日 08時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ