山陽新聞デジタル|さんデジ

村瀬心椛「大舞台で銅うれしい」 スノボ、高校でメダル獲得報告

 北京冬季五輪の銅メダル獲得を報告する会で、ポーズをとるスノーボード女子の村瀬心椛選手=28日午前、岐阜県本巣市
 北京冬季五輪の銅メダル獲得を報告する会で、ポーズをとるスノーボード女子の村瀬心椛選手=28日午前、岐阜県本巣市
 北京冬季五輪のスノーボード女子ビッグエアで銅メダルに輝き、冬季五輪の日本女子最年少メダリストとなった村瀬心椛選手(17)が28日、通っている私立岐阜第一高(岐阜県本巣市)に登校し、メダル獲得を報告した。「大舞台でメダルを取れてすごくうれしい」と語ると、体育館に集まった同級生や教職員ら計約650人から大きな拍手が湧き起こった。

 村瀬選手は「応援してもらった先生や友達、家族に恩返しをしたかった」とし、4年後に向けて「一番輝きのある金メダルを取りたい」と力を込めた。松本博文校長は「(村瀬選手が)飛ぶ姿は虹の架け橋。国民、県民の期待に応えてくれた」とねぎらった。

(2022年02月28日 11時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ