山陽新聞デジタル|さんデジ

スピード男子500m森重「銅」 日本男子、3大会ぶりメダル

 スピードスケート男子500メートルで銅メダルを獲得し、日の丸を広げ笑顔の森重航=北京(共同)
 スピードスケート男子500メートルで銅メダルを獲得し、日の丸を広げ笑顔の森重航=北京(共同)
 男子500メートル 滑走する森重航=北京(共同)
 男子500メートル 滑走する森重航=北京(共同)
 女子団体追い抜き1回戦 滑走する(右から)佐藤綾乃、高木菜那、高木美帆=北京(共同)
 女子団体追い抜き1回戦 滑走する(右から)佐藤綾乃、高木菜那、高木美帆=北京(共同)
 男子500メートル 滑走する村上右磨=北京(共同)
 男子500メートル 滑走する村上右磨=北京(共同)
 【北京共同】北京冬季五輪第9日の12日、スピードスケート男子500メートルで初出場の森重航(21)が34秒49で銅メダルを獲得した。日本のスピードスケート男子で2010年バンクーバー五輪500メートル2位の長島圭一郎、3位の加藤条治以来、3大会ぶりの表彰台に立った。

 村上右磨は34秒57で8位、新浜立也が35秒12で20位だった。

 高亭宇(中国)が34秒32の五輪新記録で優勝した。2位は0秒07差でチャ・ミンギュ(韓国)。

 女子団体追い抜きで2連覇を狙う日本は高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那で臨み、五輪記録を更新する2分53秒61で1位となった。4位のROCと15日の準決勝で当たる。カナダが2位、オランダが3位で通過した。

 森重航の話 自分の持てる力を発揮できたので、本当に満足している。やりたいことをしっかりできた。

(2022年02月12日 19時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ