山陽新聞デジタル|さんデジ

ウクライナ選手、平和メッセージ スケルトン競技後、カメラに

 テレビカメラに向けて平和を願うメッセージを示すウクライナのスケルトン男子選手、ウラジスラフ・ヘラスケビッチ=11日、延慶(NBC提供・AP=共同)
 テレビカメラに向けて平和を願うメッセージを示すウクライナのスケルトン男子選手、ウラジスラフ・ヘラスケビッチ=11日、延慶(NBC提供・AP=共同)
 【北京共同】ロシアによる軍事侵攻が懸念され、緊張状態が続くウクライナから北京冬季五輪のスケルトン男子に出場したウラジスラフ・ヘラスケビッチが11日、北京北部延慶で行われた3回戦のレース後、平和を願うメッセージが書かれた紙をテレビカメラに向けて示した。紙はウクライナ国旗と同じ黄色と青だった。AP通信が伝えた。

 23歳のヘラスケビッチは最終4回戦後、取材に「私は戦争を望んでいない。母国と世界の平和を願っている。私の立場を示した」と語った。国際オリンピック委員会は五輪憲章第50条で競技会場などでの政治的な宣伝活動を禁じており、AP通信は抵触する可能性を報じた。

(2022年02月12日 00時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ