山陽新聞デジタル|さんデジ

津山市長選 谷口氏が再選 近藤氏ら2新人破る

再選を果たし支持者から花束を受け取る谷口氏
再選を果たし支持者から花束を受け取る谷口氏
 任期満了に伴う津山市長選は6日、投票が行われ、無所属現職の谷口圭三氏(58)が、元市議の近藤吉一郎氏(56)、元美作大客員教授の竹内幹雄氏(75)の無所属新人2人を破り、再選を果たした。

 選挙戦は、県北の拠点とされながら、人口減少に歯止めがかからず中心市街地、周辺部ともに疲弊が進む市の活力をいかに創出していくかなどが争点となった。昨年9月に出馬表明した谷口氏は、都市基盤整備や企業誘致、行財政改革など1期目に取り組んだ政策の継続、発展をアピール。さらなる都市機能の強化を通じて、快適で安心して生活できる活気ある地域の実現を訴えた。

 自民、公明、日本維新の会県支部組織の推薦を受け、地元選出の自民県議や保守系市議が支援。市議、県議時代を通じた選対を核に商工業者、町内会からも支持を集めた。

 当選確実の知らせを受けた谷口氏は「県北の拠点にふさわしい都市機能を整備し、よりよい津山の未来を築く」と抱負を語った。

 近藤氏は、市政運営の透明性確保や新型コロナウイルス禍で困窮する子育て世帯、在宅介護が必要な世帯への現金給付を訴えたが、及ばなかった。竹内氏は広がりを欠いた。

 投票率は47・56%(男47・71%、女47・42%)で前回(55・81%)を8・25ポイント下回り、2005年の合併以降の最低を更新した。

 当日有権者数は8万1926人(男3万8830人、女4万3096人)。

 谷口 圭三氏(たにぐち・けいぞう)参議院議員秘書、津山市議、県議を務めた。県議を2期目途中で辞職して出馬した2014年の同市長選で落選。再挑戦した18年に初当選した。岡山大大学院博士前期課程修了。津山市志戸部。

◇開票結果◇
=選管最終=
当19863 谷口圭三  無現
 17258 近藤吉一郎 無新
  1482 竹内幹雄  無新
(無効359)

(2022年02月06日 23時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ