山陽新聞デジタル|さんデジ

学級閉鎖方針を市町村教委に周知 岡山県教委、コロナ感染確認時

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県教委は26日、県立学校で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、直ちに学級閉鎖に踏み切るとした対応について、県内の大半の小中学校を所管する全27市町村教委に方針を周知した。

 この日、報道陣の取材に応じた鍵本芳明教育長は、オミクロン株の特性から小中でも迅速な対応が必要との認識を示した上で「特に小学校低学年では家庭の状況などによって対応が難しい場合もある。実態を踏まえて(市町村教委に)判断してもらいたい」と述べた。方針は県を通じて私立各校にも伝えた。

 県教委はこれまで、学校で感染者が発生した場合、保健所と協議して学級閉鎖の必要性を検討していた。今月に入って県立学校でクラスター(感染者集団)が7件相次ぐなどしたことから対応を迅速化させる。

 岡山市教委は、市立小中高の対応について、発症時に登校していた児童生徒や教職員が確認された場合は原則、学級閉鎖などの措置を講じる。

(2022年01月26日 19時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ