山陽新聞デジタル|さんデジ

習近平氏、国際社会の支持強調 五輪前、バッハ会長と会談

 IOCのバッハ会長(左)と写真に納まる中国の習近平国家主席=25日、北京の釣魚台迎賓館(新華社=共同)
 IOCのバッハ会長(左)と写真に納まる中国の習近平国家主席=25日、北京の釣魚台迎賓館(新華社=共同)
 【北京共同】中国の習近平国家主席は25日午後、北京の釣魚台迎賓館で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、2月4日開幕の北京冬季五輪は「国際社会の支持を得ている」と強調した。米英などの「外交ボイコット」を意に介さない姿勢を誇示した。バッハ氏も「スポーツの政治問題化」に反対する考えを示して同調した。国営中央テレビが伝えた。

 習氏とバッハ氏はマスクを着けずに対面。釣魚台迎賓館は外国の国賓や国家元首との会談に使われる会場で、中国はバッハ氏を厚遇で迎えた。

 習氏は、感染対策の成功をアピールし、選手や関係者の健康と安全確保に自信を見せた。

(2022年01月25日 23時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ