山陽新聞デジタル|さんデジ

JR東日本、駅員がカメラ装着 暴力対策で4月導入検討

 JR東日本が新幹線車内で実証実験した際に警備員の胸部分に取り付けたウエアラブルカメラ(同社提供)
 JR東日本が新幹線車内で実証実験した際に警備員の胸部分に取り付けたウエアラブルカメラ(同社提供)
 胸元にウエアラブルカメラを装着し、新幹線を巡回する警備員のイメージ(JR東日本提供)
 胸元にウエアラブルカメラを装着し、新幹線を巡回する警備員のイメージ(JR東日本提供)
 JR東日本が、夜間に勤務する駅員に常時装着する「ウエアラブルカメラ」を4月から配備する方向で検討していることが24日分かった。乗客などとのトラブルで暴力や犯罪被害に遭うリスクを減らすのが狙いで、国土交通省によると暴力対策目的での導入は鉄道業界では初めて。社員の安全確保と利用客のプライバシー保護を両立できるよう、運用面の詳細を詰める。

 ウエアラブルカメラは胸などに装着する小型カメラ。JR東は新幹線車内を巡回する警備員が装着する実証実験を20年に実施。走行する新幹線車内での通信状況や、異常発生時にライブ映像を見ながら遠隔で後方支援する運用面などを検証した。

(2022年01月24日 17時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ