山陽新聞デジタル|さんデジ

御嶽海12勝目、単独首位に立つ 1差に照ノ富士・阿炎・琴ノ若

 御嶽海(右)が送り出しで宝富士を下す=両国国技館
 御嶽海(右)が送り出しで宝富士を下す=両国国技館
 阿炎に敗れ、3敗目を喫した照ノ富士=両国国技館
 阿炎に敗れ、3敗目を喫した照ノ富士=両国国技館
 大相撲初場所14日目(22日・両国国技館)関脇御嶽海は宝富士を送り出して12勝2敗。3度目の優勝に向け単独首位に立った。3場所連続7度目の制覇が懸かる横綱照ノ富士は阿炎に押し出されて3敗に後退。3個目の金星獲得の阿炎と琴ノ若の平幕2人が3敗を守り、照ノ富士とともに1差で優勝の可能性を残した。

 千秋楽に御嶽海が照ノ富士に勝てば優勝が決まる。敗れれば、琴ノ若―阿炎の勝者を加えた三つどもえの優勝決定戦にもつれ込む。

 来場所のかど番が決まっている大関正代は豊昇龍に取り直しの末、寄り切られて9敗目。関脇隆の勝は負け越した。十両は琴勝峰と矢後が3敗でトップに並んだ。

(2022年01月22日 20時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ