山陽新聞デジタル|さんデジ

船穂スイートピー華麗 倉敷駅にアレンジメント展示

スイートピーを使ったフラワーアレンジメントが並ぶJR倉敷駅
スイートピーを使ったフラワーアレンジメントが並ぶJR倉敷駅
 倉敷市船穂町地区が全国有数の産地であることにちなんだ「船穂スイートピー記念日」(27日)を前に、JR倉敷駅で21日、地区産のスイートピーを使ったフラワーアレンジメントの展示が始まった。

 岡山県内14の生花店がひな人形に見立てたり、アーチをつくったりと趣向を凝らした40点を改札前に並べた。定番の白やピンクをはじめ、濃紺や紫といったシックな色合いまで多彩な品種が用いられ、華やかな雰囲気に包んでいる。

 観賞していた会社員女性(45)=同市=は「黄色やピンクの優しい色がすてき。珍しい色もたくさんあって驚いた」と話した。

 イベントはJA晴れの国岡山が企画。船穂町地区は全国3位の出荷量を誇る県内産の9割以上を占める産地で、生産農家16戸が約4ヘクタールで栽培している。

 同JA船穂町花き部会の北村明成会長(52)は「バラエティー豊かで日持ちするのが船穂スイートピーの特徴。家が明るくなるのでぜひ飾って」と呼び掛ける。展示は23日午後1時まで。

(2022年01月21日 16時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ