山陽新聞デジタル|さんデジ

首相「小型原子炉の開発進める」 米国と連携、再稼働停滞で

 参院本会議の代表質問で答弁する岸田首相=21日午後
 参院本会議の代表質問で答弁する岸田首相=21日午後
 岸田文雄首相は21日の参院本会議で、脱炭素社会の実現に向け、原子力の小型モジュール炉(SMR)や高速炉の実用化を目指す考えを示した。「あらゆる選択肢を活用するという考えの下、日米間の協力も含め、小型炉や高速炉をはじめとする革新原子力の開発を着実に進める」と述べた。原発再稼働が滞る中、米国と技術面などで連携を強化して導入につなげたい考えだ。

 日本維新の会の浅田均氏が「小型炉を検討する時期が来ている」と提案したのに答弁した。首相は既存の原発については「原子力規制委員会が認めた場合には、地元の理解を得ながら再稼働を進める」と語った。

(2022年01月21日 16時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ