山陽新聞デジタル|さんデジ

トンガ派遣、空自機が豪に出発 飲料水搭載、海自輸送艦も準備

 隊員の見送りを受け、トンガへの支援物資を積んで出発する空自輸送機=20日午後、愛知県の航空自衛隊小牧基地
 隊員の見送りを受け、トンガへの支援物資を積んで出発する空自輸送機=20日午後、愛知県の航空自衛隊小牧基地
 大規模噴火と津波があったトンガへの国際緊急援助活動として派遣が決まった航空自衛隊のC130輸送機2機は20日夜、愛知県の小牧基地から出発した。国際協力機構(JICA)が準備した支援物資の飲料水を積み込み、現地調整所を置くオーストラリアに向かう。調整所には6人が入り、各国との連携や支援内容の調整に当たる。

 同様に派遣が決まった海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」は広島県の呉基地からトンガへ出発予定。火山灰を除去するための高圧洗浄機やリヤカーなどを積み込む。おおすみには、陸上自衛隊のCH47大型輸送ヘリコプター2機も搭載する。

(2022年01月20日 22時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ