山陽新聞デジタル|さんデジ

宝木に似た香り付き「五福袋」 西大寺会陽奉賛会が販売

販売中の五福袋(手前)と、全色セットの「五色揃」
販売中の五福袋(手前)と、全色セットの「五色揃」
 西大寺会陽奉賛会は、お守り「五福袋」を販売している。西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)を舞台にした伝統の裸祭り・西大寺会陽で、裸衆が手にする宝木(しんぎ)を模した香りを付けた。今年は全5色のセット「五色揃(ぞろえ)」も今月中をめどに売り出す。

 五福袋は手のひらサイズで、「現世を見通す知恵」を表すという紫色の布地で作った。縁起が良いとされる唐草模様を金糸で描き、宝木の香りに似せた粉末や観音院の護符を中に入れた。

 激しい争奪戦の末に宝木を獲得した福男が授かるとされる長寿、富裕、無病、好徳、終年の五つの福にあやかり、2013年に販売を始めた。袋は朱、白、緑、黄、紫の5色を毎年1色ずつ順に採用。今年は5年間の区切りの紫となるため、過去5年の全色を1個ずつきり箱に納めたセットを用意した。

 五福袋は1個千円。西大寺観音院と岡山商工会議所西大寺支所(同所)で販売している。五色揃は1セット6千円の予定で、予約を受け付けている。奉賛会は「5年に1度のセットは吉兆を招くとされ、ぜひ手に入れてほしい」としている。問い合わせは奉賛会事務局(086-942―0101)。

 今年の会陽は2月19日。新型コロナウイルス感染予防のため宝木争奪戦を見送り、祝い主に直接授ける。

(2022年01月20日 17時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ