山陽新聞デジタル|さんデジ

伊原木知事、定数減に反対意見 区割り審の意見照会に回答

岡山県庁
岡山県庁
 衆院小選挙区の「1票の格差」是正に向けた「10増10減」の定数見直しを巡り、岡山県の伊原木隆太知事は20日、衆院選挙区画定審議会(区割り審)の意見照会に回答した。県内小選挙区数を現行の5から4とする区割り改定に当たり、地域の実情や交通環境などへの配慮を求める一方、定数減により「地方の声が国政に反映されにくくなる」との反対意見を付けた。

 区割り審は意見照会に際し、県内小選挙区で人口が最少の岡山5区について隣接する選挙区との合区や分割・編入する案を例示。これに対して知事は回答で、人口が最も少ないことのみを論拠に合区や分割・編入を検討しないよう要望した。岡山、倉敷市などで同じ行政区域が複数の選挙区に分割されている現状についても解消を訴えた。

 定数減への反対意見では、地方にとって東京一極集中の是正が喫緊の課題として「地方の声が適切に反映される選挙制度の検討が必要」と指摘した。

 知事の回答には県内市町村長の意見を添付。「地方の声を縮小させる」「人口だけで議員を決める方法は見直すべきだ」といった反対意見が目立った。

 この日、総務省を訪れて知事の回答を伝えた岡山県の宮川天庸市町村課長は「岡山の意見をしっかりくみ取り、検討してもらいたい」と話した。

 10増10減は2020年国勢調査人口を踏まえた改定。区割り審は全都道府県知事に意見照会し、回答を参考に新たな区割り案を検討。6月25日までに岸田文雄首相に勧告する。

(2022年01月20日 20時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ