山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山選挙区に黒田氏出馬表明 夏の参院選 前玉野市長、無所属

黒田晋氏
黒田晋氏
 夏の参院選岡山選挙区(改選数1)に、前玉野市長の黒田晋氏(58)=同市=が20日、無所属で立候補する意向を正式に表明した。

 岡山市内で会見した黒田氏は「地方には財源や権限が十分行き渡っておらず、岡山発の地方創生に取り組む。特に新型コロナウイルス禍で地域の公共交通網の維持が厳しくなっており、国から支える仕組みにしていきたい」と抱負を述べた。与野党の各党や県内の首長、地方議員らに支援を求めていくという。

 黒田氏は玉野市出身で、専修大法学部卒。加藤六月衆院議員秘書を経て1995年から玉野市議。2005年に同市長選で初当選し、4期16年務めた。

 同選挙区では、自民党が現職で1期目の小野田紀美氏(39)を公認。立憲民主党など野党各党は候補の一本化を模索しながら、擁立を目指している。

(2022年01月20日 19時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ