山陽新聞デジタル|さんデジ

とにかくJ1へ ファジ必勝祈願 監督やイレブン、神社参拝し決意

今季の必勝を祈願するファジアーノ岡山の木山隆之監督(右から2人目)ら=沖田神社
今季の必勝を祈願するファジアーノ岡山の木山隆之監督(右から2人目)ら=沖田神社
 J2ファジアーノ岡山は20日、練習拠点の政田サッカー場(岡山市東区升田)に近い沖田神社(同市中区沖元)で必勝を祈願した。新指揮官の木山隆之監督やイレブンらが悲願のJ1昇格に向けて決意を新たにした。

 新型コロナウイルス感染対策のため全員での参加を取りやめ、木山監督、北川真也社長と新加入のDF杉山耕二ら5選手が訪れた。拝殿で神事が行われ、木山監督や35歳でチーム最年長のDF宮崎智彦が玉串をささげた。

 絵馬に「J1昇格!!」と力強く記した木山監督は「とにかくJ1に昇格する。そのために選手がけがなくプレーできるようにお願いした」と言う。杉山も「J1昇格」と書き、「試合に出てチームに貢献したい」と意気込んだ。宮崎智は「健康」としたためた。

 チームは26日から2月5日まで宮崎県でキャンプを実施。対外試合を重ねて攻守の連係アップを図り、同19、20日のいずれかにホームである甲府との開幕戦に臨む。

(2022年01月20日 19時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ