山陽新聞デジタル|さんデジ

ヤクルト原樹理らがコロナ陽性 楽天でも1人感染

 原樹理投手
 原樹理投手
 ヤクルトは20日、原樹理投手と育成選手の内山太嗣捕手が新型コロナウイルス感染の陽性判定を受けたと発表した。ともに症状は出ておらず、隔離して保健所の指示を待っている。

 18日に太田賢吾内野手の感染が判明したことを受け、埼玉県戸田市の球団施設を17、18日に利用した選手や関係者を対象に、19日にPCR検査を行った。

 楽天も20日、選手1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。選手名は明らかにしていない。チームメートと2人で自主トレーニングを行っており、19日にPCR検査を受けた。発熱などの症状はないという。

(2022年01月20日 13時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ