山陽新聞デジタル|さんデジ

ロフトなど3月2日オープン 大規模改装の天満屋岡山店

天満屋岡山店
天満屋岡山店
 天満屋(岡山市北区表町)は19日、岡山店(同)で進めている大規模改装計画の第2弾を発表した。2~5階の売り場を刷新し、3月2日にグランドオープン。5階に生活雑貨・岡山ロフトを入れるほか、婦人・紳士服や寝具といった22ブランドの配置換えや商品の入れ替えなどを行う。人気のコーヒーチェーン「スターバックス」の誘致も視野に入れる。

 ロフトは5階の売り場面積678平方メートルで、天満屋がフランチャイズ運営。約1万7千品目を扱う。2月末で閉館する商業ビル「岡山ロッツ」(同中山下)2、3階の売り場計約3千平方メートルを同15日で閉め、移転する。

 スタバは同ビル1階にあり、岡山店本館を含め、近隣で天満屋が保有する物件に誘致したい考え。オープン時期や場所は2月中旬ごろ発表するという。

 5階では寝具の「西川ネムリウム」などがリニューアル。2~4階の婦人・紳士服では「ダックス」が2月26日、「組曲」「マッキントッシュ」などが3月2日、「ロペ」が同9日にオープンする。「きものサロン」と結納品や線香の「あさん堂」は5階から3階に移り、和装や慶弔のしきたりなどの相談スペースを設ける。

 岡山店の大規模改装は3年ぶりで、第1弾では1階高級化粧品や5階美術画廊などを刷新した。同店は「新型コロナウイルス禍で先行きの不透明感はあるが、便利に買い物してもらえる環境を整え、早期にコロナ前の売り上げに戻したい」としている。

(2022年01月19日 19時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ