山陽新聞デジタル|さんデジ

トンガ噴火、津波最大15m 3人死亡、被害拡大も

 オーストラリア軍が上空から撮影して18日に公開した、トンガのトンガタプ島にある港の写真(オーストラリア国防省提供・ロイター=共同)
 オーストラリア軍が上空から撮影して18日に公開した、トンガのトンガタプ島にある港の写真(オーストラリア国防省提供・ロイター=共同)
 トンガ政府発表のポイント
 トンガ政府発表のポイント
 トンガ・ヌクアロファ、フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイ火山、トンガタプ島
 トンガ・ヌクアロファ、フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイ火山、トンガタプ島
 【シドニー、ジュネーブ共同】トンガ政府は18日、海底火山の大規模噴火の影響で3人が死亡し、多数の負傷者が出たと発表した。最大15メートルの津波が起き、首都ヌクアロファのあるトンガタプ島など複数の島が被害を受けたという。被害の全容は判明しておらず、死傷者が増える恐れがある。通信手段が寸断され、発生4日目で初めての公式発表となった。

 トンガ政府は「火山灰によって水の供給に深刻な影響が出ている」とし、飲用水の確保に全力を挙げているとした。また港の埠頭が破壊されたり、空港滑走路に火山灰が積もったりしたことで「海上と航空の輸送に支障が出ている」とした。

(2022年01月18日 23時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ