山陽新聞デジタル|さんデジ

プロ野球、延長十二回制で調整 新型コロナ特例は継続

 オンラインで記者会見するNPBの井原敦事務局長=18日午後
 オンラインで記者会見するNPBの井原敦事務局長=18日午後
 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が18日、オンラインで開かれ、昨季は行わなかった延長戦を今季は従来通りの十二回まで実施する方向で調整した。19日の12球団監督会議で説明する。

 新型コロナ感染拡大を受けた営業時短要請への対応や選手の負担軽減のため、2020年は延長戦を十回までとし、昨季は日本シリーズ以外は九回で打ち切った。

 20年から実施の選手入れ替え規定の緩和や出場選手登録枠、外国人選手登録枠の拡大特例は今季も継続する。出場選手登録は従来の29人から31人、外国人選手登録枠を4人から5人、ベンチ入りは25人から26人となっている。

(2022年01月18日 19時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ