山陽新聞デジタル|さんデジ

サッカー、試合形式で戦術確認 W杯アジア予選、日本代表候補

 アジア最終予選を控えた合宿で、調整する長友(手前左から2人目)ら=千葉市内
 アジア最終予選を控えた合宿で、調整する長友(手前左から2人目)ら=千葉市内
 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選を控えた日本代表候補合宿は18日、千葉市内で2日目の練習を行い、大迫(神戸)長友(FC東京)酒井(浦和)らが試合形式のメニューを通してコンディションの向上と戦術確認に努めた。

 試合形式の練習では局面で激しく競り合うなど活気があった。互いに4―5―1の布陣で、ボールの追い方や攻撃の組み立てに重点を置いた。

 B組2位の日本は27日に中国、2月1日にサウジアラビアを埼玉スタジアムに迎える。

(2022年01月18日 19時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ