山陽新聞デジタル|さんデジ

旅行大手HIS、国に改善報告書 給付金不正、監査項目なく

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は18日、子会社2社による政府の観光支援事業「Go To トラベル」の給付金不正受給問題で、観光庁に改善報告書を提出したと発表した。親会社のHISが内部監査で給付金などの助成金の受給状況を確認するチェック項目がなく、不正のけん制機能が働かなかったと指摘した。

 報告書では「子会社の自立性を尊重する企業文化」にも問題があり、発覚の遅れにつながったと分析。今後は内部通報制度をグループ横断型の仕組みに改めるほか、孫会社への役職員の派遣も検討し、グループ全体の統治体制を見直すとした。

(2022年01月18日 18時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ