山陽新聞デジタル|さんデジ

NTTかたり1億円超被害、広島 福山市の男性医師

 広島県警は18日、福山市の50代男性医師が「NTTファイナンス」のサポートセンターをかたる男らに有料サイトの未納料金を請求され、計約1億3800万円をだまし取られたと発表した。県内で起きた特殊詐欺事件として2013年以降、最多の被害額という。

 県警によると、昨年10月12日、男性の携帯電話に「未納料金が発生している」などの内容のショートメールが届き、電話で問い合わせると「情報管理関連の協会に調査させる」と協会職員を名乗る男を紹介され、支払いを求められた。

 その後も未納料金の支払いやトラブル解決の名目で金を要求され、百数十回にわたり口座に金を振り込んだ。

(2022年01月18日 18時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ