山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山弁あしらったマステ話題 イオン岡山の特産品店販売

岡山弁をあしらったマスキングテープ
岡山弁をあしらったマスキングテープ
 岡山弁をあしらったマスキングテープが、岡山市北区下石井のイオンモール岡山2階の特産品店「ハレマチ特区365」で扱われている。団子の表面に方言などをプリントした「岡山弁きび団子」に続く同店オリジナルシリーズの第2弾で、話題となっている。

 テープは白と黄色の2種類。「おえん」「でーれー」「じゃろ?」「ちばける」といった岡山弁と、岡山特産の桃やマスカット、瀬戸大橋などのイラストを11パターンずつ使用した。幅1・5センチ、長さ7メートルで、価格は279円。

 県出身の人気お笑いコンビ「千鳥」がテレビで岡山弁を話し、注目を集めていることなどから、2020年6月に岡山弁きび団子を発売。「文字の形やイラストがかわいい」と好評だったため、同じデザインを活用して昨春に商品化した。生産は、粘着テープ製造のカモ井加工紙(倉敷市片島)に委託している。

 同店は「きび団子と一緒に購入する人も多い。家族や友人に送って、会話のきっかけにしてもらえれば」としている。

 商品は店舗とオンラインショップで販売している。問い合わせは同店(086―206―7204)。

(2022年01月18日 17時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ