山陽新聞デジタル|さんデジ

水害防ぐ「田んぼダム」普及推進 豪雨被害の倉敷市、広域化が課題

 2018年の西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市が、大雨の際、水田に一時的に雨水をためて水害を...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2022年01月18日 09時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ