山陽新聞デジタル|さんデジ

御嶽海は全勝、照ノ富士勝ち越し 2敗は4人、正代5敗目

 御嶽海(左)が寄り切りで隠岐の海を下す=両国国技館
 御嶽海(左)が寄り切りで隠岐の海を下す=両国国技館
 大相撲初場所9日目(17日・両国国技館)単独首位の関脇御嶽海は隠岐の海を寄り切り、9戦全勝とした。横綱照ノ富士は北勝富士を下手投げで退けて勝ち越し、1敗をキープした。

 大関正代は小結明生に寄り倒されて5敗目を喫し、黒星が先行した。明生は4勝目。関脇隆の勝は阿武咲を押し出して5勝目を挙げた。

 全勝の御嶽海を1敗で照ノ富士、2敗で阿炎、宝富士、琴ノ若、琴恵光の平幕4人が追う展開。十両は矢後が1敗で単独トップ。

(2022年01月17日 18時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ