山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県202人感染 200人超えるのは4カ月半ぶり

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で14日、202人の新型コロナウイルス感染が判明した。1日当たりの感染者が200人を超えるのは昨年9月1日以来、約4カ月半ぶり。玉野市の玉野光南高では県内195例目のクラスター(感染者集団)が発生した。県内での感染確認は1万6375人となった。

 岡山市116人、倉敷市50人、津山市6人、総社、備前、笠岡、瀬戸内、井原市各3人、玉野、赤磐市、里庄、勝央町各2人、浅口市、吉備中央、美咲、早島、鏡野、和気町各1人と県外在住者1人。年代別では非公表の35人を除き、20代66人、30代28人、40代26人、10代20人、50代15人―など。いずれも軽症か無症状で、85人の感染経路が分かっていない。

 県教委によると、玉野光南高のクラスターは、同じ部活動に所属する生徒8人。冬休みに活動していた。11日の始業式以降に部員は登校しておらず、通常通り授業を続ける。県立高でのクラスターは5例目。

(2022年01月14日 20時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ