山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市中心部、高梁で今季最低気温 北部で雪、JRダイヤに乱れも

岡山市中心部、高梁で今季最低気温 北部で雪、JRダイヤに乱れも
 西日本の上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置となった影響で、岡山県内は14日朝、厳しい冷え込みとなった。最低気温は岡山市中心部と高梁市で今季最低を記録。北部では13日午前から断続的に雪が降り、JR在来線では14日午前、ダイヤの一部が乱れた。

 岡山市中心部では午前4時4分に、氷点下2・4度を観測。平年の最低気温を2・7度下回った。高梁市の最低気温は氷点下3・7度(平年氷点下1・0度)。新見市新見は同5・3度(同2・6度)、倉敷市同1・0度(0・5度)で、全16観測地点で平年を3・5~0・4度下回った。

 真庭市蒜山上長田と新見市千屋では14日未明までの24時間で20センチを超える降雪があった。午前9時時点の積雪は上長田59センチ、千屋34センチ、美作市13センチ。

 JR西日本岡山支社によると、因美線美作加茂―智頭間では始発から午前中はおおむね運休。芸備線備後落合―東城間では部分運休があった。

(2022年01月14日 11時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ