山陽新聞デジタル|さんデジ

デブリ状況把握へ水中ロボ調査 原子炉圧力容器直下に進入、福島

 東京電力福島第1原発1号機(右手前)=2021年8月
 東京電力福島第1原発1号機(右手前)=2021年8月
 東京電力は福島第1原発1号機の溶融核燃料(デブリ)の状況を把握するため、原子炉格納容器内部の調査を12日から始める。汚染水がたまっている容器内に水中ロボットを投入し、底部に積もった堆積物や、その下にあるとみられるデブリの広がりなどを調べる。最終段階となる8月には原子炉圧力容器直下に入り、内部の撮影や放射線量の測定を試みる。

 1号機は圧力容器内にあった燃料のほぼ全てが溶け落ちたとみられるが、炉心溶融した1~3号機のうち唯一デブリを確認できていない。2017年3月の調査では、格納容器底部は砂状の堆積物に覆われており、デブリは見つからなかった。

(2022年01月07日 17時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ