山陽新聞デジタル|さんデジ

カードで消防隊員の仕事紹介 笠岡地区組合 QRコードで動画も

笠岡地区消防組合が作製した消防隊員の仕事を紹介するカード
笠岡地区消防組合が作製した消防隊員の仕事を紹介するカード
 笠岡地区消防組合は、消防隊員の仕事を紹介するオリジナルカードを作製した。消防署見学会などのイベントで子どもたちに配布、消防や救急の仕事に興味を持ち、楽しみながら防火や安全意識を高めてもらえればと期待する。

 カードは、消防組合に配置されている消防、救急、救助、消火、水難、特殊部隊の6種類を用意。各部隊のユニホームを着た隊員が写っており、QRコードからスマートフォンなどでそれぞれの活動を紹介する15秒ほどの動画にアクセスできる。縦9センチ、横5・5センチ。

 10月に開いた笠岡消防署(笠岡市十一番町)の庁舎公開イベントの際、各部隊を紹介する動画を作り、屋内で上映予定だったが、新型コロナウイルス予防のため断念。密を避ける形で動画を見てもらおうと、子どもたちに人気がある戦隊ヒーローのカードを参考に、QRコード付きのカード作製を思い付いた。

 デザインや動画編集も隊員自身が手掛けた。「楽しみながら消防の仕事に興味を持ってもらいたい」と、発案者の消防本部通信指令課樋上寛人さん(26)。今後も、消防組合が主催するイベントで配布を予定。次はいつ、どこで手に入れられるか―。「笠岡消防の活動に注目してほしい」

(2021年12月30日 15時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ