山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、DFバイス獲得を発表 DF徳元、広木ら契約更新

ヨルディ・バイス
ヨルディ・バイス
徳元悠平
徳元悠平
 J2ファジアーノ岡山は28日、京都で今季J1昇格の立役者となったDFヨルディ・バイス(33)が完全移籍で加入すると発表した。対人プレーに無類の強さを誇るセンターバックで、高い攻撃力も兼ね備える。

 オランダ出身のバイスは今シーズン、全42試合中41戦に出場し、リーグ最少失点を誇った京都の堅守に大きく貢献。186センチ、86キロと大柄でDFながらセットプレーなどで5ゴールを奪った。

 オランダやオーストラリアのクラブに所属した後、2018年に当時J1長崎に完全移籍。19年はJ2徳島で37戦に出て7ゴールを挙げ、昇格プレーオフ進出に導いた。J1通算16試合1得点、J2通算117試合14得点。バイスは「ファジアーノで日本でのキャリアを続けられることをうれしく思います。チームメートとファンと一緒に戦うことを楽しみにしています」とコメントした。

 またDF徳元悠平(26)、DF広木雄磨(29)、FW福元友哉(22)の契約更新も発表。左足のクロスが魅力の徳元は今季39試合でピッチに立ち、広木は10試合、けがに苦しんだ福元は4試合の出番にとどまった。

(2021年12月28日 21時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ