山陽新聞デジタル|さんデジ

山本由伸投手に県民栄誉賞授与 五輪野球代表で「金」獲得に貢献

県民栄誉賞を授与され、金メダルとともに表彰状を掲げる山本投手
県民栄誉賞を授与され、金メダルとともに表彰状を掲げる山本投手
 東京五輪で野球の日本代表として金メダルを獲得した備前市出身の山本由伸投手(23)=オリックス=に対する岡山県民栄誉賞の授与式が24日、県庁で開かれた。

 伊原木隆太知事が「五輪ではエースとして素晴らしい働きをされた。シーズンも大活躍で誇らしい。岡山の少年たちへの影響はすごいものがある」とたたえ、表彰状と記念品を手渡した。山本投手は「県民に勇気や感動を与えられるように練習を積んでいきたい」と述べた。

 山本投手は式後の会見で、県内の野球少年に向けて「とにかく野球を楽しむことが結果につながる。野球が好きという気持ちを忘れず頑張ってほしい」とエールを送った。

 五輪では初戦のドミニカ共和国戦と準決勝の韓国戦に先発登板して勝利に貢献。オリックスのエースとしても今季18勝を挙げ、最も活躍した先発投手に贈られる「沢村賞」を初受賞した。

 東京五輪では、ソフトボールで金メダルを獲得した総社市出身の原田のどか外野手(30)=太陽誘電=も県民栄誉賞を受賞している。

(2021年12月24日 17時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ